バインダーに栄光あれ

オンラインゲーム RED STONE(レッドストーン)の絶滅危惧種である「バインド悪魔」を保護するブログ

俺は18歳のアイドルオタク 

ちょっと前にネットで拡散していたこの漫画ですが、さすがに誇張しすぎでここまでの人はおらんやろと
疑問をもちながらも、漫画の趣旨とは違う視点から私見を述べる


いつものくだりですがあくまで一個人の私見ゆえ、神経質な方は閲覧を遠慮下さい


以下漫画の内容抜粋

-------------------------------------------------------------------------------------

アイドルは最高だ。

日常生活では誰からも愛されない俺にほほ笑みかけてくれる
そして気の合う仲間ができて人生を充実させてくれる

・・・俺は18歳のアイドルヲタク
学生だが勉学には一切取り組まない

可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々
人生は一度きりだから今を全力で楽しむ

アイドルのおかげで世界がこんなにも輝いて見えるのか
この眩しい日常を永遠に続けたい
将来の事なんて今は考えなくていい
頑張らなきゃいけない時が来たらその時に頑張ればいい
とにかく今は青春を存分に謳歌するんだ


そう思っていた


気が付けばいつの間にか25歳になっていた

この数年間、自分は夢を追うことなく他人(アイドル)の夢ばかりを応援していた

かつて青春を共に過ごしたヲタク友達らは現実世界へ戻っていったが
(彼女できたから ・ 地元のダチと遊んでいた方が楽しい ・ 就職するから 等)

俺は将来の事など考えずひたすらにヲタク道を進んでいた

背中の汗が止まらない

“俺はもしかしてとんでもない生き方をしてきたのではないか?”
とここにきて考えはじめた

かつて俺は全ての時間とお金を捧げて応援していたアイドル達は
普通の女の子に戻り大学生活をエンジョイしていたり
どこかの知らない男と結ばれてお母さんになっていたり

その一方で俺自身は何の成長もなく何か幸せを掴めた訳でもなく
ただ女の子に一生懸命ペンライトを振り回すだけの時間を過ごしてきた

「頑張らなきゃいけない時がきたら頑張ればいい」

その頑張らなきゃいけない時を何度も何度も知らんフリして
あらゆる分岐点でただ楽な方楽しい方だけを選択してきた結果
この醜い容姿で彼女も貯金も資格も何ももっていない
誰もが死んでもなりたくないような人間になっていた
人生をなめすぎていた


俺はこれからどうなる?


漠然とした不安に体が包まれた

俺が今のぼっている人生と言う階段

この階段の先には希望に満ち溢れた光なんて無くて


縄がぶら下がっているだけなのかもしれない



----------------------------------------------------------------------------------------


ハイ。

ここでは明らかにアイドルオタクが残念だという流れにもっていきやすいですが、私はここでマッタを唱える。

たしかに、風潮や偏見が先行してしまい、一般的に人の固定観念というものは醸成されつつある。

犯罪者の報道をみていると心なしか無職が多い
○○職と聞いて、ああやっぱりと納得してしまう
アイドルオタクと聞いて、なるほどねと決め込んでしまう

わかっているかとは思うが、これらは必ずしも全員が該当するわけではない。
(たしかに割合が高いかもしれんが)

一切無関係で、まっとうな人生を送っている方にはなはだ失礼である。

当件も非常にリアリティで、評価された漫画なのかもしれないが
私が目をつけたのは作品の表面に見える「アイドルオタク」じゃない。

アイドルという部分をネットゲームや他の言葉に換えても成立するからだ。
以下もう一度作品の一部を確認してもらいたい


アイドルは最高だ。
日常生活では誰からも愛されない俺にほほ笑みかけてくれる
そして気の合う仲間ができて人生を充実させてくれる
・・・俺は18歳のアイドルヲタク
学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々
人生は一度きりだから今を全力で楽しむ
アイドルのおかげで世界がこんなにも輝いて見えるのか
この眩しい日常を永遠に続けたい
将来の事なんて今は考えなくていい
頑張らなきゃいけない時が来たらその時に頑張ればいい
とにかく今は青春を存分に謳歌するんだ



この前半部分に最も重要なポイントが隠れている
おわかりだろうか


もうすこし削る


・・・俺は18歳のアイドルヲタク
学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々
人生は一度きりだから今を全力で楽しむ
アイドルのおかげで世界がこんなにも輝いて見えるのか
この眩しい日常を永遠に続けたい



そろそろ見つけられただろうか


学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々
人生は一度きりだから今を全力で楽しむ



学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々



学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手



学生だが勉学には一切取り組まない






学生だが勉学には一切取り組まない




ここなんだよ問題は。別に自分はアイドルのアの字も知らないので決して擁護するわけではないが
この風潮は色々な観点からよろしくないと思ったので念のためにつぶやいた次第。

category: ★心の叫び

TB: 0    CM: 0   

【新スキル】 スワトルモンガー 

ハイ釣られましたね


お疲れ様です。
そんなスキルはRSにございません。イセリア死ねとか結構結構。
好きなだけ呪い殺して下さい。それが私の明日への活力です。


・・・とまぁ無益なやりとりはさておき
少し切なく甘酸っぱい、今後の日本を憂う出来事がありましたので、久しぶりに日記でも綴りたく存じます。


いつも通り余裕のある方のみ、茶でもすすりながら適当に見て下さい。


----------------------------------------------------------------------------------------------



私みたいに底辺のサラリーマンは、毎朝「通勤ラッシュ」というものがございまして、日々人肉に押しつぶされそうに
なりながら通勤しております。

私の使用している電車は、ドア付近に簡易座席のような物があり、(一応)二人がけで座ることができる仕様です。
電車内で立つことをそこまで苦に感じない私にとっては、満員電車の中でそこに座るのは逆に辛く、むしろ立って
いたいと感じていました。

先日、いつものように満員電車で肉と肉に挟まれながら耐えていると、途中の駅での乗り降りの都合で徐々にドア付近
へと追いやられ、ついにその簡易座席へ座らざるをえないポジションになってしまい、しぶしぶこじんまりと着席。

長い車内。キツキツの座席。真横の太いオッサン。ヒキの弱さを嘆く。

やっと降車のときがきた。自分の降車駅は大量に人が降りる駅で、ドアオープンとともに雪崩のごとく人が飛び出す。
運よく自分が座っていた座席側のドアが開くため、真っ先に出ることができる。

そもそもドア付近で座っていること自体が邪魔なので、一刻も早く外へ出たいと感じていた。

ドアがオープンと同時に私は即座に立ち、気持ち回転する感じでナチュラルに降車。我ながら完璧だった。
さぁ外の世界へ・・・!


そのときだった。何者かが私のスーツを後ろから引っ張った!


!!!!知り合いか?


いや、振り返るとそこには見知らぬオバサン(40代前後か)。なにやら様子がおかしい。

その瞬間、奴は駅中に響き渡る大声で呪文を唱えた!



「スワトルモンガー!!!!!!!!!!!!!!」



ヒィッ!!

私を含め、周囲が約1秒フリーズした。
呪文を唱えた後、奴は私たちを蹴散らしながらカールルイスばりに本気で走り去っていった。


何事もなかったかのごとく私たちは歩き始めた。


道中ひたすら例のスキルが頭から離れなかった。
職場に着いてもしばらく考えていた。



スワトルモンガー。

すわとるもんがー。

すわとる・・・すわっとる。

座ってるもんが

座ってる者が、

座ってる者が!!!!!



おお!なるほど!


で?



んー・・・・・・・



以下私の解読


(のうのうと座ってる者が私より先に外へ出るんじゃない。私は座りたかったのに座れずに我慢して立っていたんだ。それなのに何故おまえは座っていながら私より先に出るんだ。立ってる方が我慢してるんだから偉いんだよ。先に出る権利があるんだよ。貴様はマナー違反だ。空気を読め。貴様がやっているのは明らかな迷惑行為だ。非常に憤りを感じている。本来なら万死に値し、駅員に突きつけてやるところだが、今回はこの呪文で勘弁してやる。汝、その諷意なる封印の中で安息を得るだろう。永遠に儚く・・・喰らえ)すわとるもんがー





・・・・・・





とりあえずサラリーマンたちの朝のプライスレスな1秒を返して欲しいと思う、そんな秋の朝。

category: ★心の叫び

TB: 0    CM: 0   

【考察】 アンパンマンに学ぶ正義論 -悪役に栄光あれ- 

こんばんは。

今夜もひねくれた独り言を呟いておりますので神経質な方は閲覧しないで下さい。

子供の頃から正義の味方といえば誰でした?そうだね、アンパンマンだね。
アンパンマンは正義の味方。悪役はバイキンマン。常識ですよね。

しかし本当に私たちの憧れるヒーローなのか。
悪役として名高いバイキンマンは本当に蔑まれる存在なのか。

どちらが真の正義の味方なのか戦ってもらおう。そうしよう。検証してみよう。
通常とは少し視点を変えて見てみよう。



1.行動指針 
 正義の味方たるもの日ごろの行動にその真価が表されているといっても過言ではないだろう。
 彼らの日常にロックオン。
 
 ①アンパンの日常
  ジャムの人「おーい、これを隣町に届けてくれないかい」
  アンパン「はーい」
  カバ男「うわーん、あんぱんまーん」
  アンパン「はーい」
  うさ子「あんぱんまーんたすけてー」
  アンパン「はーい」
 
 ②バイキンの日常
  バイキン「俺様によこせー」
  バイキン「なにもかもむちゃくちゃにしてやるー」
  バイキン「生意気なー」
  バイキン「俺様がー」
  バイキン「がー」

 いかがだろうか。一見アンパンマンの方が理にかなった行動をとっているように感じるが、
 彼の行動指針は何かに似ている

  ●●「おい、あれもってこい」
  ○○「はいっ」
  ●●「ねーねー、これやってくんない」
  ○○「はいっ」
  ●●「おいおまえ、メロンパン買って来い」
  ○○「はいっ」

 他方、バイキン側は常に自分の意志をもって行動しているのが見て取れるであろう。人を傷つけ
 たり破壊行為を繰り返している点は目をつぶって差し上げよう。彼の勇姿を平成のイエスマンに
 叩きつけてやりたい。ついでに無能な部下にも叩きつけてやりたい

 記念すべき初戦はバイキン側に軍配が上がった。

 ●パシリのアンパン VS 意志の強いバイキン


2.メンタル
 正義の味方たるもの屈強な精神力が必要である。
 彼らのメンタルタフネスが垣間見れる現場で検証する。

 ①パシリのアンパン
   アンパンマンの唯一の弱点、それは水である。水を喰らうと彼は名言を吐く。
   
   「顔が濡れて力がでない

   そう、彼はヘタレである。
   ちょっとでも濡れたらもう無理ッス的な。いわゆる顔待機モードに入る。
   敵を含めた周囲も仕方ない感じで空気を読み、適度な間を取ってあげる始末である。
   これは非常にいただけない。教育上よろしくない。よろしくない。

 ②意志の強いバイキン
  彼は毎回必ず負ける(負けてあげているといった説あり)。パンチで吹っ飛んで星になる。
  しかし、次の回になると何事も無かったかのように攻めてくる。
  そう、彼はあきらめない。その数、実に1282回(wikiで調べた話数)
  仕事をすぐ辞める最近の若者は、彼のような大和魂をもって事に臨んでほしい。

 二戦目も文句なしにバイキンの勝利。アンパン危うしか。

 パシリでヘタレなアンパン VS 意志の強いネバーギブアップバイキン


3.経済力
 正義の味方たるもの金銭面でも余裕をもち、スマートな装い、対応をすべきである。
 当該作品において経済力を示唆するものといえば何であろうか。服装に関して言えば貧相な
 マントともはや皮膚なのかスーツなのかわからない紫色のモノで比べられたもんじゃない。
 やはり重要なのはその居住であろう。
 
 ①パシリでヘタレなアンパン  
  彼の居住は言わずもがなパン工場である。かの有名な工場は無論、ジャムの家である。
  そう、彼は物語開始から約28年もの間、心苦しくも居候し続けている。
  自身の顔が付いた不気味な車も当然に所有者はジャムの人。

 ②意志の強いネバーギブアップバイキン
  彼にはなんと自分の居城があるではないか。更に自家用の小型飛空艇までオシャレに乗りこなす。

 三戦目も華麗にバイキンが勝利をおさめる。

 パシリでヘタレな金ないアンパン VS 意志の強いロイヤルネバーギブアップバイキン


4.人脈
 正義の味方たるものその人望を礎とし、強き信頼から幅広い人脈をもたなければならない。

 ①パシリでヘタレな金ないアンパン
  主題歌が彼の人望を雄弁に物語る。(以下一部抜粋)
  
  ♪何が君の幸せ 何をして喜ぶ
   解らないまま終わる そんなのは嫌だ!
   忘れないで夢を 零さないで涙
   だから君は飛ぶんだ何処までも
   そうだ!恐れないでみんなの為に
   愛と勇気だけが友達さ
   嗚呼アンパンマン優しい君は
   行け!皆の夢守る為♪

   あかん、友達がいない

 ②意志の強いロイヤルネバーギブアップバイキン
  どれだけ負けても、くじけそうになっても、いつでもそばにいてくれるオレンジ色の彼女がいる。
  あとカビも数匹いる。それだけで十分じゃないか。大切なのは数じゃない。でも0はダメだ。

 最終戦もバイキンが圧勝に終わった。

 パシリでヘタレな金ないコミュ障アンパン VS 意志の強いイケメンロイヤルネバーギブアップバイキン





誰がこの結果を予想しただろうか。本当にバイキンは悪なのか。全否定されうる存在なのか。
固定観念やイメージのみで人を決め付けていないだろうか。

イヤなところが目に付いてしまうのは人間の悪い癖。ある程度は我慢し、良いところを探し、それを
持ち上げることによって、よりよい人間関係を築けるのではないでしょうか。

プラス思考、前向き、上を向くと、心も穏やかになりますよ。
常に自分へ言い聞かせています

                                           いせりあ

category: ★心の叫び

TB: 0    CM: 6   

オタク論 

以下あくまで自論の展開です。くだらん。あと、個人的にオタクを肯定する気も否定する気も一切ないですが、神経質な方は自己責任で閲覧下さい。






1.はじめに
私は10年ほど前、自身を「中途半端なオタク」と定義した。何も知らない民衆よりはその手の知識・嗜好において少しは長けていると自負する一方、真のオタクたちには頭が上がらず、オタクと名乗ることを極めて失礼だと感じていたからだ。

そもそもなぜ急にオタクについて語り出したかというと、私はSNSの先駆者といっても過言ではなかった某ミクシィのコミュニティ「中途半端なオタク」に吸い込まれるように入ってしまい、それをきっかけとして常日頃オタクについて模索していたのが主たる理由である。(うさんくさい)



2.定義
オタクを論ずるにおいて、まずはその定義から確認せねばならない。手始めに安定のウィキペディアにて

おたく(オタク、ヲタク)とは、1970年代に日本で誕生した呼称であり大衆文化の愛好者を指す。元来は漫画・アニメ・アイドル・SF・特撮・パソコン・コンピュータゲーム・クイズ・模型・鉄道・格闘技などの、なかでも嗜好性の強い趣味や玩具、の愛好者の一部が二人称として「お宅」と呼び合っていたことを揶揄する意味から派生した術語で、バブル景気期に一般的に知られはじめた。その頃は「お宅族」、「オタッキー」、「オタッカー」と呼ばれた。明確な定義があるわけではなく、現在はより広い領域のファンを包括しており、その実態は一様ではない。英語では「ギーク(geek)」「ナード(nerd)」の呼称があったが、21世紀の現在では日本語発音をそのままラテン文字転写した「otaku」でも通用するようになった。何某かの分野に熱中・没頭している人物を指して、その分野を接頭詞として「○○おたく」と呼ぶ・自称する場合がある・・・・・・

とりあえず色々と複雑なようだ。

めんどくせーなと思いながらも適当に調べた末、結論的にはオタクの基準が明確ではなく、自分がオタクか否かも確定的なことはいえず、個々の感覚で判断されている実態がある。以下で語るオタクの定義は自身の勝手な観念の為に少々偏向的と捉えられるかもしれないが、容赦頂きたい。また、数あるオタクの中でも特にアニメやアイドル、ゲーム系のものを該当させている。また、改めて言うが私はどちら派にもなりきれていない中途半端な存在である。



3.日本のオタク事情
とりわけ男性(最近は女性も)の中には、本当は興味があるけれど、もし周囲にバレたらと懸念を抱き、抑えてしまう人がいるとのこと。もちろん逆に何も感じない人もいるが。国を挙げてアニメ大国と誇示する背景も相俟って、いささかの疑義を感じざるを得ない。この日本で自分がオタクだと胸を張って公言(内輪以外に)できる者、ないしはオタクと聞いて良い印象を受ける者はどのくらいの割合であろう。どうしても負のイメージが先行する昨今、なぜこのような事態になってしまったのか。



4.現実との対峙
オタクを貫くことは嗜好に沿った生き方とほぼ同義の為、皆がそれを死ぬまで続けたいと考えるのが至極当然である。むしろオタクじゃない人々が哀れに思えるほどだ。しかしながら目を背けることができないのは現実問題との兼ね合いである。先延ばしにすると後悔するのは目に見えているが、中々踏み出せないのが実態であろう。かくいう私もそうである。いくつか問題はあるが、今回はこと結婚というテーマについて考えてみたい。結婚に関する考え方や、するしないは無論個人の自由である。

①「生涯独身を貫徹します」
②「既にベストパートナーがいます」
③「いつかは、うん、いつかは」

私が差し出がましくも意見をしたいのは③の人たちである。

らむ郎(仮)「●●は俺の嫁」
 →違うと思います

おで男(笑)「●●ちゃーーーーーーーーーーーーーーーーん」
 →落ち着いて下さい

いせ美(仮)「いつかは白馬に乗った王子様が」
 →きません

もち子(仮)「抱かれたい男性ランキング」
 →抱かれません

アニメキャラや、アイドル、芸能人、雲の上の人はカッコいいし、キレイです。嫁にできるならしたいですホント。ただ、残念ながらここは三次元の現実です。いつかは前を向いて歩かねばなりません。



5.成就への道
結婚は学生恋愛のようにビジュアルなど表面的なものだけでは原則成立しないと思います。よって、今回のオタクは内面に関わる重要なファクターといえます。どうやって現実と向き合い、相手を探すか

①完全合致する相手を探す
②抑制する(現実と向き合う)
③洗脳する(自分色に染めてしまう)

①に出会えれば問題なくゴールインです。しかしながら、そのような相手はRSでGVに出ているバインド悪魔を見つけるくらい難しく、非現実的かと思います。自分の場合は③を試みましたが、あえなく失敗に終わり、②で妥協いたしました。



6.おわりに
結論的に何が言いたいのかよくわからんですが、現実は厳しいなと。
夢が叶うなら、一切働かずに贅沢して二次元キャラに囲まれて暮らしたいですね。(自分だけ?)
でも現実は現実なんですよね。








               中途半端なオタクに栄光あれ 



category: ★心の叫び

TB: 0    CM: 0   

GVで勝つための戦略とポジション ~電車と煙と私~ 

こんばんは。



変わらぬ日頃の遅い帰りにプリプリ機嫌を悪くされた末にひょんなことから揉めた結果なぜか禁煙宣言を
オフィシャルに行ってしまい非常に後悔したものの意外と大丈夫な感じでただ今4日間連勝中という状況
から恐らく今後もいけるんじゃないか的な根拠に乏しい安心感を胸に抱きつつ決してニ●レットや医者に
頼ることなく自分の意志のみで最後まで貫き通して果ては禁煙完遂という確固たる目標もできたところで
何をもって禁煙完遂なのかと一瞬悩んでしまったがとりあえず煙に対して嫌悪感を抱けばそれでいいん
じゃないかとあっさりポジティブに定義してしまったものの喫煙していても煙に嫌悪感は当然抱くもの
なので結果振り出しに戻ってめんどくさいんで考えることを放棄して現在に至るイセリアです。



今日は私みたいなしがないサラリーマンや学生なら分かって頂けるであ
ろう「電車」について一言、もとい複数申したい。


1.電車内のマナーについて
  私が最も嫌う人間の一つに、「電車内で声がデカイ」がある。
  考えうる原因は以下の3つ

  ① 根本的に自分の声の大きさに気付いていない
  ② 声が大きい=迷惑ということを理解していない
  ③ 全て理解していながら気にせず声がでかい

  ①②のように残念な方もさることながら、③は特に悪質ですね。

  若者だけだと思いながら、普通にオッサンおばさんもデカイデカイ。
  しまいには携帯電話で強気に話し出す。そりゃ子供も罪悪感なく堂々
  とマネしますよね。結局大人がダメなんですよ。それだけの話。

  また、電車内の携帯電話は通常の会話よりも余計に周囲のストレスが
  蓄積されるみたいです。通常の会話だと、全く興味の無い話だろうが
  一応言葉のキャッチボールが成立しているので、理解できるんです。
  携帯電話の場合は片方の発言しか聞こえないので会話が全く理解できず
  まさに雑音と認識され、ストレスが余計にたまるようです。イメージと
  しては漫才のボケとツッコミで、ツッコミの発言の部分のみ無音にしてる
  感じですね。話がわからない。おもしろくない。イライラする・・・みたいな

  電車など公のスペースでは、周囲に配慮した声量を心がけましょう。
  ※突発的に泣き出す赤ちゃんなど、不可抗力は別ですよ!


2.電車内の抗争について
  座りたい。疲れてるときほど座りたい。そんなアナタを少しでも自己満足へと
  誘うべく、以下自論を述べる。
  ※地方によって電車の構造やルールが異なるかもしれないですし、あくまで
   個人的な考えです

 (1)待機時
    ①階段付近は避ける
     これは降車する人が階段付近を狙って降りてくる性質を考慮した
     対策。一番前で待機していたにも関わらず、自分が待っているドアから
     大量に人が降りてきて、別のドア前で待っていた人が悠々と中に
     入っていくのを見て後悔した経験はありませんか。それです。
    ②大阪のおばちゃん
     これは危険。奴らは強気で割り込んできます。無言タイプと独り言
     タイプに分かれますが、どっちにしろウザイです。奴らに理論は通じ
     ませんので、フィジカルで対抗するしかありません。女子供には辛い。
     運が悪いと、たまに集団で来ます。そのときは詰みです。

 (2)扉オープン後(座れる場合)
    あまり急ぐと必死な人と思われるので顔や動きは冷静に。そして全力で
    早歩きを。躊躇しないで座る。ああ、あっちに、ああ、あああああああ!
    みたいになるから。狙うはもちろんカド席。電車内に誰もいないことを想
    定して以下考察していきます。
    ①1人目か2人目
     おめでとうございます。よほどのことが無い限りカド席はあなたのもの。
     落ち着いて確実に、そしてドヤ顔でしなやかにご着席下さい。余裕があれば
     勝者のためにある備え付けの銀の手すりにもたれ、エレガントな装いを。
    ②3人目(注意)
     これは基本的には真ん中にデーンと座るタイプ。しかし、座席の仕組に
     よっては微妙な状況に陥る。
     イ)座席が雰囲気的に5人座りの場合
       正解。後に両サイドに一人ずつ座り、5人座りの完成です。
     ロ)座席がどうみても6人はいけるだろうという場合
       これはリスクあり。両サイドに一人ずつきて5人座りになるも、妙に
       各人の隙間が目立つ。目の前に多数の立っている客がおり、視線が痛い。
       空気を読まず5人座りの体制を築いた戦犯として、気まずい車中を
       過ごすことになる。
    ③4人目以降
     空いてる箇所に座る、もしくは上位の立ちポジションに進むのもアリです。

 (3)扉オープン後(立ちの場合)
    やむを得ず立つ場合のポジション取りについて。人は壁際を好み、人と接着するのを
    拒む。つまり満員の中央でもみくちゃにされるのを最も嫌う。
    ①ドアのすぐ横
     最強。どれだけ満員で乗車や降車を重ねようが、隅っこにへばりついて目を
     閉じていれば、たいがいは何とかなる。率先して狙いたい。
    ②ドアの前
     メリットとしては、一番に降車ができること、なによりドアにもたれることが
     できるのが大きい。しかしながら、駅に停まるごとにどんどん中へと押し込
     まれていく。位置をキープするのは至難の業。これを打開する裏ワザを紹介する。
     駅に停まるごとにわざと一旦降りて、待機の一番後ろにあえて並び、最後に車内
     に入る。なんということでしょう、元のドア前ポジションにつけるではないか。しかし
     停車毎にこれを繰り返している状況を客観的に想像してくれ。いつぞやご紹介した
     インフィニティS(過去ブログ参照)に勝るとも劣らない滑稽さ。たちまち同時間電車
     に乗る女子高生の間でネタにされること必至。諸刃の剣である。個人的にはあまり
     オススメしない。
    ③他の壁際
     比較的に競争率が低く、精神衛生上も特に問題ない為、迷ったらここでOK。
    ④人ごみの中
     自分の立場を理解し、できるだけ精神的に安定するポジション取りをしましょう。
     慣性の法則に負けないようにつり革をしっかりと。つり革が無い場合はもちろん
     三戦(サンチン)の姿勢で。知らない方は予習して下さい。
     気を抜いた瞬間に襲い掛かるオッサンの体当たりも的確なスウェイバックで回避。
     高めの敏捷も必要です。


毎日の通勤・通学はもはやGVです。戦略をもって臨みましょう。
以上、今日もブラックの皆さん、お疲れ様でした。ゆっくりおやすみなさい。
明日もブラックの皆さん、お疲れ様です。ゆっくりおやすみなさい。

category: ★心の叫び

TB: 0    CM: 1   

プロフィール

バインドアクセス

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RED STONE を はじめる

リンク

公式サイト