バインダーに栄光あれ

オンラインゲーム RED STONE(レッドストーン)の絶滅危惧種である「バインド悪魔」と忘らるる兵器「スパイダーウェブ」を保護するブログ

レッドストーンの思い出 

こんばんは。年末ですね。


やっべ、書くネタない、ここ毎年年末には何かしら書いてるのにこのままやと書かずに年を越してしまい、「あれ、イセリアさん
存在意義なくなってきたから書くネタもなくなってきてるわお疲れ様」みたいなことを思われても仕方が無い状況で、別にそれ
はどうでもいいと思いつつもやはりシャクなもので、いざ何を書こうかと改めて考えたところ、やはり思いつかず、過去には
たしか独自のバインドのコラムやら占いなどを書き綴っていたなと思い、読み返したところものすごくアホらしく赤面してしまい、
昔の自分を消したいと心から願ったのも束の間、とにかく何を書こうかという現実と向き合ったものの横で子供が泣き出して
それどころじゃなく一旦撤退を余儀なくされるも挽回し、趣旨を忘れながらウィスキー片手にグミを頬張り再考するも、周囲
みたいに鏡やってるわけでもなく、装備新調したわけでもなく、冒険したわけでもないので斬新な記事が書けないのはあたり
まえだと今更ながら気付いてしまい、頑張っている人たちに陳謝しながら、中学生時代に何が得意だったかを思い出し、
あ、そうだ数学と英語という理系か文系かよくわからない組み合わせだった、よし、歴史を書こう。



というわけで、私のレッドストーン歴史を振り返りたいと思います。大きくは以下3章構成でございます。
興味のわいた部分のみご高覧下されば幸いに存じます。


第1章  レッドストーン(RSとの出会い)

第2章 キャラクター(実は悪魔は4thキャラ)

第3章 バインドブレイズ(このブログの顔です)


タイトルから引退メシウマを期待された皆さん、残念でしたね!
愚悪魔の後継者が現れるか現実が危機に瀕するまでは早々引退しませんよ!無駄に根強いよ!









第1章 レッドストーンとの出会い

何年前でしょう。あれはそう、今のように冬の寒い時期でした。当時私はお付き合いしていた女性と別れ、
生きる喜びの過半数を失い、アルバイトと酒に明け暮れる日々でございました。

そんなとき、学生時代の友人T氏が、私に声をかけてきたのです。

T氏「レッドストーンって知ってる?」
イセ「れっどすとおん?なにそれ?」
T氏「ネットゲーム」
イセ「ネットゲーム!?」

説明しよう。イセリアは元来ゲーム好きで、幼少期の名作くにお君にはじまり、スーパーロボット大戦、ファイナルファンタジー、
Gジェネレーション、バハムートラグーン、ライブアライブ、スターオーシャン、ヴァルキリープロファイル、サガフロンティア、
フロントミッション、アーマードコア、聖剣伝説、いたスト、ドカポン、ロードランナー、マッピー、スパルタンX、ヒーロー戦記など
言い出せばキリがないほど大のゲーム好き(ドラクエ除く)であった。しかしながら、ことネットゲーム、いわゆるオンラインゲーム
みたいなものには知識が疎く、勝手ながら「ネットゲーム=オタクがやるもの」という認識をしていたのである。実際にこれだけ
オフラインゲームをやり続けている時点ですでに残念な感じが否めないことは許してやってください。


イセ「いやいやムリムリ!えーわ。」
T氏「まぁとりあえずやってみーて」
イセ「まぁ・・とりあえずインストール?するわ」

結論は言わなくてもわかると思いますが、そこからジワジワハマッてしまった次第です。
その頃からオフラインゲームには一切手をつけなくなってしまいました。
実家のファミコンやPSには大量のホコリが・・・・

シーフが実装されたあたりで始めたので、それなりに古株で続けている方だと思います。当初の知り合いは
大半が引退しており、寂しい限りです。無論、私をRSへ誘ったT氏も引退、行方不明です。

同時並行でいろいろなオンラインゲームをやりましたが、結果的にRSへと帰着しています。
今後、リアル事情に鑑み新しいゲームを始めることはまず考えられないので、イン時間が少なくなりつつも
RSにお世話になるのでしょうね。 以上、私とRSの出会いでした。





第2章 キャラクター

1.一人目 WIZ 誕生
(1)ネーミングの由来
  当時の飼い猫二匹の名前を合成

(2)作成のきっかけ
  なんとなく

(3)所属ギルド(太字は長期滞在)
  Cats Moon(記念すべき初ギルド)
  REAL(T氏のギルド)
  NIGHT LIFE
  ショウミ

(4)思い出
  ①高速チリングタッチが超カッコイイと思っていたあの日
  ②アルパスB2でお手伝いしていて自己満足に浸っていたあの日
  ③レイス中央PTで明け方まで狩っていたあの日
  ④WIZでGV出るもアスヒよりメテオでLAしか考えていなかったあの日
  ⑤明け方の廃坑でコロッサス数匹釣ってきてくれた人に感謝したあの日
  ⑥オーガ秘密にレベル180くらいのランサ(当時は入れた)が来て、憧れたあの日
  ⑦秘密PT募集時は古都のチョキー前で集合したあの日
  ⑧ぽめ^^ぱり^^


2.二人目 BIS 降臨
(1)ネーミングの由来
  一番好きなMS

(2)作成のきっかけ
  WIZで海の神殿にて狩りをしている最中でした。BISが抜けてしまい、PTが壊滅寸前。万事休すかと思った
  その時、フッと現れたBIS。うまい具合に名前が「救世主」。
  一同「BISさんPT入ってもらえませんか?席、あいてますんで!」
  救世主「^^」
  一同「か、かっけええええええええ!!!」

(3)所属ギルド(太字は長期滞在)
  REAL
  花びら三回転
  NIGHT LIFE
  ショウミ

(4)思い出
  ①高速BISがカッコよく、光る棍棒に憧れたあの日
  ②どこかで方向性を誤り、光る棍棒が光るウニになっていたあの日
  ③アーチ4に優越感をもったあの日
  ④エレメ強いですねと言われることが動力源になったあの日
  ⑤コンポジットアーマーの昔の紫グラフィックが最高。これは今でも思います
  ⑥GVでホリクロは火力だったあの日


3.三人目 黒歴史
  思い出すだけでも恥ずかしい。作っては消し、作っては消した枠で、今は露店キャラでございます。
  物理剣士、物理アチャ、物理姫、メイド、罠シフなどさまざまいましたが、レベル100あたりで全て
  飽きて消しました。


4.四人目 悪魔 誕生
(1)ネーミングの由来
  私的RPG至上最強のBOSS

(2)作成のきっかけ
  BISでGVに出ている際、謎の死亡。
  僕「え、今のなに?いきなり死んだんやけど」
  Gメン「バインドじゃない?」
  僕「ばいんど?なにそれ?」
  Gメン「悪魔のスキル」
  僕「へー」

(3)所属ギルド(太字は長期滞在)
  栄光の探求者
  NIGHT LIFE
  マル軍
  ゆるゆる無双
  お姉さまの館
  コンチネンタル
  BLUE MOON
  コンソメパンチ
  鬼組
  ショウミ

(4)思い出
   娘
  本題は第3章で!


5.五人目以降 割愛
  どうでもいい奴らばかりです。





第3章 バインドブレイズの歴史

1.黎明期
  GVにおいて知識職といえば雨、ドラツイが猛威を振るい、メテオやホリクロも次いで火力とされていた。
  そんな中、まさかバインドで人が焼き殺せるとは思ってもなかった。かくいう私も焼死した一人である。
  私を愚の骨頂へと誘った先代のバインダーたちへ満腔の謝意を表したい。


2.全盛期
  バインドが火力補助としての確固たる地位を築き始めた。この時代に活躍したバインダーは数知れず。
  私もその一人(活躍したかは別として)であった。
  バインドが火力補助?んなわけねーだろと思う新米RSプレイヤー諸君、以下証拠物件の一部である。
  
  ①なんちゃって無双
    taositaosi.jpg
  
  ②懐かしき全鯖大戦時のLA(白鯖連合連絡所HPより)
    http://sirosaba7.web.fc2.com/la5b.html


3.現在
  詳細はブログのトップページに記載しています。
  ご存知の通り、魔法吸収が正当に常備化された昨今、火力補助代理はおろか、完全に空気となりました。
  猛威を振るっていたバインダーたちは徐々に蒸発。今でもGVに出ているのは私一人くらいではなかろうか。
  しかし、バインダーは絶滅しません。なぜなら私がアホみたいに止めないから。ご安心ください。
  後継者はよ





以上、来年も皆様にとって良い年でありますように。

                                  -バインダーに栄光あれ- イセリア・クイーン

category: ★バインド(ネタ)

TB: 0    CM: 3   

コメント

イセリアさん
あけましておめでとうございます。
去年は面白いBLOGありがとうございました。
今年もイセさんの活躍を期待しております。(笑)
あまりINできないかもしれませんが、
これからも頑張って下さい!

. #- | URL | 2016/01/01 02:23 | edit

新米プレイヤーがバインダー目指す確率はスロットで2回転連続フリーズ引くより低いっすよ

そんらむ #- | URL | 2016/01/11 07:40 | edit

>そんらむさん
コメントありがとうございます。
参考にさせていただきますね。

ise #qDfdtOiE | URL | 2016/01/11 23:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kekkagasubete.blog.fc2.com/tb.php/640-aadda6ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バインドアクセス

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RED STONE を はじめる

リンク

公式サイト