バインダーに栄光あれ

オンラインゲーム RED STONE(レッドストーン)の絶滅危惧種である「バインド悪魔」と忘らるる兵器「スパイダーウェブ」を保護するブログ

俺は18歳のアイドルオタク 

ちょっと前にネットで拡散していたこの漫画ですが、さすがに誇張しすぎでここまでの人はおらんやろと
疑問をもちながらも、漫画の趣旨とは違う視点から私見を述べる


いつものくだりですがあくまで一個人の私見ゆえ、神経質な方は閲覧を遠慮下さい


以下漫画の内容抜粋

-------------------------------------------------------------------------------------

アイドルは最高だ。

日常生活では誰からも愛されない俺にほほ笑みかけてくれる
そして気の合う仲間ができて人生を充実させてくれる

・・・俺は18歳のアイドルヲタク
学生だが勉学には一切取り組まない

可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々
人生は一度きりだから今を全力で楽しむ

アイドルのおかげで世界がこんなにも輝いて見えるのか
この眩しい日常を永遠に続けたい
将来の事なんて今は考えなくていい
頑張らなきゃいけない時が来たらその時に頑張ればいい
とにかく今は青春を存分に謳歌するんだ


そう思っていた


気が付けばいつの間にか25歳になっていた

この数年間、自分は夢を追うことなく他人(アイドル)の夢ばかりを応援していた

かつて青春を共に過ごしたヲタク友達らは現実世界へ戻っていったが
(彼女できたから ・ 地元のダチと遊んでいた方が楽しい ・ 就職するから 等)

俺は将来の事など考えずひたすらにヲタク道を進んでいた

背中の汗が止まらない

“俺はもしかしてとんでもない生き方をしてきたのではないか?”
とここにきて考えはじめた

かつて俺は全ての時間とお金を捧げて応援していたアイドル達は
普通の女の子に戻り大学生活をエンジョイしていたり
どこかの知らない男と結ばれてお母さんになっていたり

その一方で俺自身は何の成長もなく何か幸せを掴めた訳でもなく
ただ女の子に一生懸命ペンライトを振り回すだけの時間を過ごしてきた

「頑張らなきゃいけない時がきたら頑張ればいい」

その頑張らなきゃいけない時を何度も何度も知らんフリして
あらゆる分岐点でただ楽な方楽しい方だけを選択してきた結果
この醜い容姿で彼女も貯金も資格も何ももっていない
誰もが死んでもなりたくないような人間になっていた
人生をなめすぎていた


俺はこれからどうなる?


漠然とした不安に体が包まれた

俺が今のぼっている人生と言う階段

この階段の先には希望に満ち溢れた光なんて無くて


縄がぶら下がっているだけなのかもしれない



----------------------------------------------------------------------------------------


ハイ。

ここでは明らかにアイドルオタクが残念だという流れにもっていきやすいですが、私はここでマッタを唱える。

たしかに、風潮や偏見が先行してしまい、一般的に人の固定観念というものは醸成されつつある。

犯罪者の報道をみていると心なしか無職が多い
○○職と聞いて、ああやっぱりと納得してしまう
アイドルオタクと聞いて、なるほどねと決め込んでしまう

わかっているかとは思うが、これらは必ずしも全員が該当するわけではない。
(たしかに割合が高いかもしれんが)

一切無関係で、まっとうな人生を送っている方にはなはだ失礼である。

当件も非常にリアリティで、評価された漫画なのかもしれないが
私が目をつけたのは作品の表面に見える「アイドルオタク」じゃない。

アイドルという部分をネットゲームや他の言葉に換えても成立するからだ。
以下もう一度作品の一部を確認してもらいたい


アイドルは最高だ。
日常生活では誰からも愛されない俺にほほ笑みかけてくれる
そして気の合う仲間ができて人生を充実させてくれる
・・・俺は18歳のアイドルヲタク
学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々
人生は一度きりだから今を全力で楽しむ
アイドルのおかげで世界がこんなにも輝いて見えるのか
この眩しい日常を永遠に続けたい
将来の事なんて今は考えなくていい
頑張らなきゃいけない時が来たらその時に頑張ればいい
とにかく今は青春を存分に謳歌するんだ



この前半部分に最も重要なポイントが隠れている
おわかりだろうか


もうすこし削る


・・・俺は18歳のアイドルヲタク
学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々
人生は一度きりだから今を全力で楽しむ
アイドルのおかげで世界がこんなにも輝いて見えるのか
この眩しい日常を永遠に続けたい



そろそろ見つけられただろうか


学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々
人生は一度きりだから今を全力で楽しむ



学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手
たくさんの仲間達と騒ぐ日々



学生だが勉学には一切取り組まない
可愛い子と握手



学生だが勉学には一切取り組まない






学生だが勉学には一切取り組まない




ここなんだよ問題は。別に自分はアイドルのアの字も知らないので決して擁護するわけではないが
この風潮は色々な観点からよろしくないと思ったので念のためにつぶやいた次第。

category: ★心の叫び

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kekkagasubete.blog.fc2.com/tb.php/756-bc9e3bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バインドアクセス

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

RED STONE を はじめる

リンク

公式サイト